妊娠前とおりものの色が違ったので妊娠に気付きました

結婚してから、お互いが子供好きだったこともあり、できるだけ早く子供が欲しいという話をしていました。そのため、毎日体温をはかるようにして、排卵日なども確認するようにしていました。妊娠したいという強い希望から、すでに妊娠検査薬も購入していたので、少し生理が遅れたときには妊娠かもしれないと考えて、検査をして失望したことが何度もありました。夫と話し合って不妊治療をしようかと考えたこともありましたが、子供がいないことも運命だと受け入れようということになったので、それからは妊娠したいという焦りが消えました。体温や排卵日もチェックしなくなったことで、ストレスからも解放されて、生き生きと過ごせるようになりました。それから半年は何事もなく過ごしましたが、ある時、いつもとおりものの様子が違うことに気付きました。今までは透明でサラサラしたような状態でしたが、その時のおりものは黄色くて粘りがありました。いつもと違うこともあるだろうとその時は軽く考えましたが、翌日、さらに濃い色になっていたので、婦人科系の病気かもしれないと不安になりました。以前、婦人科系の病気に罹患したら、いつもと違うおりものの状態になることがあると聞いたことがあったからです。不妊治療を一時考えていたときに、話を聞きに行ったことがある産婦人科に、念のため診察をしてもらうことにしました。特に生理痛がひどいこともなく、体調も悪いところはなかったので、自分を安心させるために診察をしてもらおうという軽い気持ちでした。そして診察してもらった結果、超初期の妊娠だと診断されてお届きました。妊娠前はおりものは白っぽいけれど、妊娠した後には黄色くなったり粘りが出ることが多いということを医師から教えてもらいました。妊娠の初期よりもさらに前の段階ということで、妊娠検査薬を使ってもわからないことがあるから、こんなに早く診察を受けることができるのも珍しいと言われました。心の端っこではまだ妊娠することを願っていたので、急に願いがかなったことを知り涙が出ました。医師からはおりものは女性の体の状態を示すサインでもあるから、これからも注意してチェックしておくといいとアドバイスをされました。それまでは色くらいしかあまり気にしていませんでしたが、それからは確認をするようにしました。妊娠前と妊娠後でも状態が違うことが多いと知り、女性の体はとても繊細だと実感しました。

妊娠前にやっておきたい予防接種

大学時代から付き合っていた4歳年上の彼と結婚を夢見て、献身的な遠距離恋愛を経て結婚したのが4年前のことです。そろそろ結婚しようと言ってくれるかな?と期待し始めていた社会人2年目の秋にまさかまさかの妊娠発覚!現代で言うところの「授かり婚」というやつです。いずれは子どもは3人欲しいとか夢見ていた私ですが、急な妊娠だったので事前に必要な予防接種や検査に関して調べているわけでもなく、全くの無知な状態で妊婦となりました。

妊娠中にかかると胎児にも影響が出てしまったり流産に繋がってしまう感染症として恐れられているのが風疹・水ぼうそう(水痘)・B型肝炎・トキソプラズマ。また、性感染症としてはクラミジア・梅毒・膣カンジダ・エイズ(HIV)があります。本来であれば妊娠前に検査もしくは予防接種を受けてクリアな状態で妊娠をするのが好ましいのですが、私の場合は子どもの頃に風疹の予防接種を受けていたことと、水ぼうそうにかかったことがあるだけの状態でした。彼に関しては風疹の予防接種が定期接種になる前の世代だったため心配しましたが、義母に確認したところ任意で接種をしていたということで安心したのを覚えています。

今は風疹に関しては、各自治体で妊娠を希望する女性の方やその同居者(条件あり)に対して予防接種の助成制度があるので、お住まいの地域の自治体に事前に確認してみてください。接種前1ヶ月の避妊や接種後2ヶ月は妊娠しないようにと注意喚起されています。母子手帳を貰いに行くと助成の詳細のチラシを貰えるのですが、当然妊婦は接種できないので、私の場合は彼への過去の接種状況の確認と不用意に子どもが集まる場所に行かないことを特に気をつけました(仕事上行く必要があった際にはマスク必須、うがい・手洗いの徹底)。

とにかく、事前に情報収集をして受けられる検査や予防接種をしておくと、感染に怯えることのない安心したマタニティライフが送れると思うので、今妊娠を希望している方は感染症や予防接種について一度調べてみることをお勧めします。幸せなマタニティライフ&母子ともに元気な出産ができるよう、陰ながらに応援しております。

妊娠前には色々検査した方が良いと聞いたので受けました

結婚してから幸せな生活を送っていて、そろそろ妊娠とかすれば良いなとのんきに考えていたのですが、ある日先にママになった友達に、妊娠前に色々な検査を済ませておいた方が良いという事を教えてもらったんです。
というのも、一度妊娠してしまうと何か病気があった時に対処が難しくなるらしく、妊娠前にそれが分かっていればその時点で薬を飲んだりする事が出来ますので、妊娠する前に自分の体が健康かどうか確認しておいた方が良いという事だったんです。
そこで、全ての検査を済ませておこうと、健康診断を病院の方で受けたんです。
実は、あまりこれまで生活習慣が良くなかったことや、寝起きの時間がバラバラだったという事で、数値に不安な部分が出るのではないかと心配していたのですが、結論から言えば特に問題は無かったです。
ただ、そこで教えられたのがブライダルチェックという妊娠に影響するかもしれない病気があるかという検査を別に受けた方が良いといわれました。
正直、健康診断の時より緊張しましたし、もしもブライダルチェックで何か引っかかってしまったら下手をすれば子供を作れないといった事態になってしまうかもしれないと思うと、思わず泣きそうになりました。
ですが、万が一のことを知らずに子供を作ってしまうという事は私にとっても子供にとっても良いことではありませんので、勇気をもって婦人科でブライダルチェックを受ける事にしました。
新婚旅行の前に受けましたので、新婚旅行の楽しみよりもブライダルチェックの不安感の方が強かったのですが、今思えば先にブライダルチェックをやっておいて正解でした。
正直、初経の年齢や生理日などについて答えていくのは凄く恥ずかしいものはありましたが、そこは子供の為と我慢して色々答え、そこから本格的にブライダルチェックに臨みました。
その後は内診で視診をしてもらったり、エコー検査を行ったりして、最後は血液検査も行いましたが、結論から言えばこれも健康診断と同様特に問題はありませんでした。
費用の方も3万円程度でそこまで高くありませんでしたし、良い結果だったという事で、今は安心して生活を送れていますし、これでいつ妊娠をしても大丈夫だなという気持ちになれました。
これから妊娠を考えている人でしたらブライダルチェックはぜひ一度受けておくべきだと思いますし、今は一人も子供はいませんが、第二子を作る時にはまたブライダルチェックを受けてたいですね。